読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学研太郎丸・ラフォーレ教室 ゆっち‘s blog

砺波市と南砺市で学研教室の指導者をしています。日々の指導の中で感じたことを書き留めます。

体調イマイチ

天気のせいもあるのか、朝から気分がすぐれなかった。出かける元気もなく、1日ゴロゴロしていた。

 

たまったブルーレイを娘が観ていたので一緒に観てしまった。「下剋上受験」という新しく始まったドラマだった。阿部サダヲはこんな役がぴったりだなぁと思っていた。

 

ドラマを見ていていろいろ思い出すことがあった。娘の同級生の両親が、自分達が勉強できなかったから、小学生から子供に家庭教師をつけたという話。そして、担任にけちをつけられて、怒っていたという話。

 

ドラマだけではなく、身近にある話。親が勉強しなかったから、大人になってから苦労した。同じような苦労を子供に味わせたくない。そんなことらしい。親なら誰でも思うだろう。

 

他にもこんな話はよくある。大学の話や塾の話にとっても詳しい人だなあ、と思ったら実は大した人じゃなかったり。我が子が学校へ行けてないのに、他人の子供の進路に詳しかったり。

 

親と子供が同じ目標に向かって、共に頑張れるというのはすごいと思う。しかし親の気持ちと子供の気持ちは別である。私も痛感している。親の希望を押し付けないようにしたいと思う。