学研太郎丸・ラフォーレ教室 ゆっち‘s blog

砺波市と南砺市の学研教室の指導者古田です。日々の指導で感じたことを、個人的な見解で書いています。

報告

嬉しい報告がいくつかあった。大体どの学年も算数は新しい単元に入っている。ということは前の単元のテストが終わったということ。

 

小学生にテストの点数を聞いても、忘れた、やってない、わからん、は?と反応がいろいろ。私も怖くて聞けないこともある。

 

特に五年生体積の単元はみんな苦戦していたから、本当に心配していた。そしたら私が何にも聞いてないのに、

 

先生、体積のテスト150点だった!

 

とRちゃん。あまりに突然で150点?意味がわからなかった。表100点、裏50点のこと。本当???

 

嬉しいというより、びっくりした。直しに時間がかかる子が多かったので、85点ぐらいかと思っていた。やっぱり、結果は後から付いてくるのだと思った。

 

夜にも嬉しい報告。中間テスト450点越え。本当素晴らしい。頑張ったんだね。

理科社会もお家で頑張った証拠。

 

長い時間勉強しなくても、短く集中した方が効果があるということが言えると思う。

 

本当に嬉しい報告、ありがとう!また、続こう。

 

今日もありがとうございます😊