学研太郎丸・ラフォーレ教室 ゆっち‘s blog

砺波市と南砺市の学研教室の指導者古田です。日々の指導で感じたことを、個人的な見解で書いています。

週明けは辛い

水曜日に市内の連合運動会が行われる。その放課後練習もあったり、週明けもあったりで、みんな疲れ気味。

 

小学生も中学生も同じである。中学生は中間テストが終わり、プッツリ糸が切れている子もいる。

 

居眠りをしそうな生徒もいる。昨日は何時に寝たのだろう。まずは生活習慣の見直しをしてほしい。早く寝ても眠たい時はある。でも早寝早起きは子供にとっては大切な習慣である。

 

一番元気なのは年長のMくん。さっさと学習に取り掛かることができる。今日は[かぶ]の読み聞かせをした。

f:id:yukiko-f:20170529221857j:image

いつも集中して聞いてくれる。本好きな子供になってくれるかな?学研教室でよく本を読んでもらったから、本が好きになったと言われたらとても光栄だ。

 

今日丸付けをしていて、低学年がとても丁寧に書けるようになっていることを痛感した。

f:id:yukiko-f:20170529222418j:image     f:id:yukiko-f:20170529222444j:image

 

二年生の男の子とは思えない丁寧さである。乱雑な文字は自分の損。伝えてはいるが高学年では、なかなか難しい。やっぱり低学年だ。可愛い低学年を大切に育てたいと思う。

 

今日もありがとうございます。