学研太郎丸・ラフォーレ教室 ゆっち‘s blog

砺波市と南砺市の学研教室の指導者古田です。日々の指導で感じたことを、個人的な見解で書いています。

辛抱

あんまりやる気の出ない生徒が、今日は頑張ってくれたことが嬉しい。先週は何もしたくない様子で、思わず、やらないのなら、もう来ないでいいよ、って言ってしまった。

 

今日はどんな顔で来るかな?と心配していた。嫌な顔で入って来られると、とっても辛いが、その逆でとっても明るく来てくれた。

 

お直しも頑張る、わからないと聞く、というやる気のある態度でとっても嬉しい。先週はきっと疲れていたんだ、と思おう。

 

塾の先生にやる気を出してもらうのは難しいと聞いている。やっぱり、保護者の方の励ましがあったり、友達とのライバル関係だったり、本人の気持ちなのだろう。

 

ほとんどの生徒が早く終わりたいなあ、とか休みたいなあ、とか思っていると思う。でも、きちんとやる生徒と嫌々やる生徒とは差が出てくる。その差の積み重ねが大きな差になる。

 

時にはやる気が出るのを待ってやったり、今日は無理だとあきらめることも大事かもしれない。

 

一に辛抱、二にも辛抱かな?でも、たくさんプリントができて、何よりだった。

また、次回頑張ろうね。

 

今日もありがとうございます😊