学研太郎丸・ラフォーレ教室 ゆっち‘s blog

砺波市と南砺市の学研教室の指導者古田です。日々の指導で感じたことを、個人的な見解で書いています。

いよいよ夏休み到来

今日はほとんどの小学校、中学校で終業式が行われ、明日から夏休みに入る。長いようで結構短いと感じる。

 

立山登山があったり、宿泊学習があったり、部活なら遠征があったり、大会があったり。だからこそ有意義に過ごしたいものだ。

 

今日は突然の来客があった。春に高校生になった生徒がお母さんと来られた。今日保護者会だったようで、通知表を見せに来てくれたのだ。

 

f:id:yukiko-f:20170724224634j:image

 

前回の中間テストはクラスで一位だった。今回は残念ながら、二位だったが、内容を細かく見ると素晴らしい。

 

まず学研教室で頑張った数学英語の点数。小学校、中学校では取れなかった点数になっている。約4年間頑張った甲斐があった。

 

入試では残念な結果になってしまったが、今となっては今の学校に行った方が良かったのでは?と思ってしまう。

 

学研教室は基礎学力をつける塾である。進学塾ではない。だから、高校へ行っても通用するのである。入試のためだけの進学塾では、なかなか積み重なる学力が積み重ならないのではないか?

 

その為には早め早めに手を打ってほしい。でもその子その子の能力がある。この子にはこれが限界かな?と思うこともある。それはそれでいいのではないか?

 

今日の教室でもそんなことを考える場面が何度かあった。今まで何にも勉強をしてこなかった子が、宿題を毎回してくる、方程式が解けるようになっている。

それでいいのではないか?

 

夏休みを前に、まだ今からでも頑張れば、あきらめずに高校生活が送れるようになる!ということを伝えたい。

 

今日もありがとうございます😊