学研太郎丸・ラフォーレ教室 ゆっち‘s blog

砺波市と南砺市の学研教室の指導者古田です。日々の指導で感じたことを、個人的な見解で書いています。

1日がとにかく早い!

やっぱり夏休みは忙しい。まずは娘たちが忙しく、毎日娘たちに振り回される。今日も午前中は車の運転。

 

午後からの教室の準備もしたかったのだが、大事な行事のため、止むを得ず。教室は月初めのため、教室便りやお便りも準備するので、いつもより時間がかかるのに。

 

教室が始まって、気がついたら夜の9時。トイレにいったり、水分を取る暇もなかった。夏休みだから、バラバラに来るのもあるし、とにかくあっという間だった。

 

面白いことがあった。いつも私の近くに座らせている生徒がいる。近くに置いておかないと、ぼーっとして時間ばかりたってしまうからだ。

 

先週、

 

また先生の前か〜

 

と言ってた。とにかく離れたいらしい。今日も近くに、と思っていたら、私に保護者からの電話があり、勝手に遠いところに座ってしまった。

 

仕方ない、今日は何もしないなあ。

 

と、私はあきらめていた。それがそれが、自分から私の横の席に引っ越してきた。そしていつもよりやろうという気持ちが見られた。

 

な〜んだ、近くに来たいんだ。

 

と、おかしくてならなかった。だから、やらないからといって、ガミガミ言うと逆効果なのかも?時には放っておいて待つことも大切なのかも?

 

我が子の子育てをしているときは、待てなかったなあ。すぐ、ガミガミ怒ってばかり。おばあちゃんに近づいてくると、わかるんだね。

 

面白くって、嬉しい時間だった。方程式が解けるようになって、数学が好きになってくれたらいいのだが。

 

とにかく働いたぞ〜

 

明日もまた忙しくなるみたい。覚悟!

 

今日もありがとうございます😊