学研太郎丸・ラフォーレ教室 ゆっち‘s blog

砺波市と南砺市の学研教室の指導者古田です。日々の指導で感じたことを、個人的な見解で書いています。

想定外

今日は小教研の研究会で下校が一時。これは早く入室するだろうと、採点スタッフさんにも早く来てもらったりと準備をしていた。

いつもなら2時前から廊下が騒がしく、廊下を走ったり、大きな声が聞こえたりするのだがとっても静かだった。3時になっても二人だけ。おかしい。

でもいつもできない生徒とのコミュニケーションがとれた。学校の話、友達の話、短い時間だったがよかった。最近難しいプリントでみんな少しブルーになっている。

四時を過ぎてもあんまり生徒が集まらない。おかしい!でもある生徒が、

今日お休みだと思ってるよ。

と教えてくれた。そこから電話やメール。今から連れて行きます。とか、お休みだと聞いていました。とか、今医院です。とか。でも誰一人休みます、はなかった。偉い!

しばらくしてから続々やってきて、普通にプリントをしていった。休みだと思ってて行くのはすごく気持ちがのらないとおもうのだが。保護者の方も本人も偉いなあ。

というわけで6時半ぐらいまでダラダラと小学生指導、そのまま中学生も加わり気がついたら8時半。トイレも行けず、水分も取れない時間だった。

でもよく考え、集中している生徒がほとんどだったからいい時間になった。こんな想定外の日は今まで一度もなかったなあ。

お疲れ様!

中学生もそろそろ中間テスト。対策ワークがあってとっても助かる。今日は特に助かったなあ。

今日もありがとうございます😊