学研太郎丸・ラフォーレ教室 ゆっち‘s blog

砺波市と南砺市の学研教室の指導者古田です。日々の指導で感じたことを、個人的な見解で書いています。

一月も最終週に。

今日は中三の最終模試。どうだっただろう?実力テストも残り少ないし、まもなく私立の入試が行われる。その後の三者面談。

最終の進路の決定をしなければならない。私は我が子の入試を三度経験した。そして何十人の生徒の入試を振り返って感じたことがいろいろある。

果たして合格がその子のためになるのか、ということ。そして、不合格したことが不幸だったのか、ということ。

担任に危ないぞ、と言われて受けた生徒もたくさんいる。そう言われた生徒は意外に不合格の子がいない。初めから無理だと言われた生徒はその通り不合格だった。

でも誰の人生?担任の先生の為ではなく生徒自身の人生。駄目でも納得したくないか?せっかく合格しても中退するくらいなら、本当に行きたかった不合格の生徒にきてもらった方がよいかもしれない。

そんなこともよく考えて最終の決断を下してほしい。また高校で頑張ればいい。とにかく悔いを残さないようにしてほしい。

やるしかない。

私は陰ながら応援するしかない。出した結論を応援するよ。

今日もありがとうございます😊