学研太郎丸・ラフォーレ教室 ゆっち‘s blog

砺波市と南砺市の学研教室の指導者古田です。日々の指導で感じたことを、個人的な見解で書いています。

20年ぶりの関空

長女が無事ドイツに旅立った。友達が少ないと言ってたが、友人二人が見送りに来てくれた。帰国は一年後。可愛い子にはなんとか、というが何度目の旅?これで多分最後だと思う。


向こうには同じ大学の子がいるとはいえ、道中一人でいかなければならない。何という度胸だ。中ニで初めて一ヶ月アメリカへホームステイに行かせたことが大きく影響したらしい。たくさんのことを得て帰ってくるだろう。

私は新婚旅行以来の関空だった。いろんな人種の人が入り乱れ、たくさんの人が働いていて、何という光景か。田舎の村に引きこもっている私なんてほんのちっぽけなものなんだと感じる。

変なことで悩んでいる自分が恥ずかしくなる。たまにはこんな場所に来て刺激を受けるのもいいものだ。ステキなパイロットや綺麗なお姉さんをみているだけでも元気になれる。あんまりみない飛行機に感動してしまった。

今、帰りの高速バスに揺られて現実に戻ろうとしている。お天気にも恵まれ、大阪の匂い、味も楽しめた充実した24時間になった。



今日も読んでくださってありがとうございます😊