学研太郎丸・ラフォーレ教室 ゆっち‘s blog

砺波市と南砺市の学研教室の指導者古田です。日々の指導で感じたことを、個人的な見解で書いています。

薬の力は大きい

しばらく薬を飲み続けていると、だいぶ良くなった。よく考えてみると、薬ってすごい。飲むことによってバイキンをやっつけてくれる。

医薬品はどんどん進んでいて、今まで手術とか点滴で治療していたことが飲み薬で済むようになった。

以前私も大病をした時、入院して24時間点滴をするはずだった。それが抗生物質を飲むことによってすぐに治ったことがある。

薬だけではなく、医療全体が進化している。入院日数が少なくなったり、体に小さい穴を開けて手術してり、本当に昔では考えられないことになっている。

教育も進化している。昔から、読み書きそろばんというが、考える力が必要となっている。機械的に計算ができても苦しい時代になっている。
考えるということはとっても難しいが、頭を使おうということだ。

ゲームの話ばかりしている子供が多いが、もっと他に頭を使おう。

そんなことを考える今日でした。今日もありがとうございます😊