学研太郎丸・ラフォーレ教室 ゆっち‘s blog

砺波市と南砺市の学研教室の指導者古田です。日々の指導で感じたことを、個人的な見解で書いています。

一人一人に寄り添う

寄り添う=つきっきりではない。ある生徒がつまずき始めている。だからといって、つきっきりで教えることはしない。これでは自学自習にはならない。

ヒントを与えて考えさせる。またすぐに忘れるかもしれないが、それはそれでしょうがない。

学校では、主体的な学びを、とうたっている。他人から教えられて学ぶのではなく、自分から学ぶ。どれだけの生徒が主体的に学んでいるのか?

中学生になって、成績が上がらずマンツーマンの塾へ行くという生徒が多い。これは主体的に学ぶことにはならない。どれだけ成績が上がっているのかはわからないが、受け身の学びではないだろうか?

主体的に学べる生徒は高校へ行っても、主体的に学んでいる。探究科へ進む生徒も多く、学研教室の学びが基礎になっていると感じる。

つまずき始めても自分で学んでいく、そんな学びを大切にしていきたい。

今日もありがとうございます😊