学研太郎丸・ラフォーレ教室 ゆっち‘s blog

砺波市と南砺市の学研教室の指導者古田です。日々の指導で感じたことを、個人的な見解で書いています。

ある生徒が

兄弟できている生徒はたくさんいる。その中の一組の弟くん。

お兄ちゃんを待つ間に、私の仕事をいろいろ手伝ってくれた。その時の会話。

俺、国語やるわ。

学研教室では、国語と算数はセットでどちらも学習する。彼は、途中から漢字にアレルギーが出てしまい、月謝はそのままで算数と英語しかやっていなかった。

お母様とは、国語のテストの点数が落ちてきたらやりましょう、ということになっていた。

私が、

どうしてそんな気持ちになった?

と聞くと、

期末テストが悪かったから。

と。点数は決して悪くない。以前より10点以上悪かっただけ。でも、本人がやばい、と思ったのだろう。

気持ちにばらつきがあることもあったが、最近はとっても落ち着いている。そして、手伝いをしながら、いろんな話をすることができた。とってもいい時間だった。

次回からまた、国語頑張りましょうね。お手伝いありがとう😊

今日もありがとうございます😊