学研太郎丸・ラフォーレ教室 ゆっち‘s blog

砺波市と南砺市の学研教室の指導者古田です。日々の指導で感じたことを、個人的な見解で書いています。

受験モードになってきた!

明日明後日で全ての中学の期末テストが終わる。質問をLINEでしてくる生徒もいて、嬉しい。コロナで濃厚接触者となったり、感染したりすると1週間から2週間学校に行けない。そして、分からなくなる。この単元全部わからない、という生徒もいる。

そんな生徒のために、教室では自学自習で学んでいる。今週は模試の5回目、学校では実力テスト、いよいよ近づいてくる。

来週から入試特別コースも始まり、自習室の開放、ドキドキ、ワクワクの3ヶ月になる。

先日、ある生徒との会話の中で、自分の友達に学研教室を勧めたのだが、別の塾へ行ってしまった。その生徒が大変らしい、という話をしてくれた。

大変、とはどんな意味なのか分からないが、だから学研教室に誘ったのに、と残念がっていた。学研教室では、受験対策はするがあくまでも基礎学力をつけるところ、そして、その先に受験対策がある。進学塾とは違う。

今日も中3のお問い合わせがあった。塾も行かず頑張っていることに偉いの一言だ。お金をかければいいのではない。お金をかけたら受かるような気がするだけかもしれない。
ある進学塾は冬季講習で六万らしい。すごい金額だ。

お金をかけずに希望の高校へ行けるようにコツコツと努力あるのみ。

今日もありがとうございます😊