読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学研太郎丸・ラフォーレ教室 ゆっち‘s blog

砺波市と南砺市で学研教室の指導者をしています。日々の指導の中で感じたことを書き留めます。

春休みスタート

春休みになって、娘たちもそれぞれ合宿やら、部活やら、忙しくしている。

 

私は、というと今まで後回しにしていた片付けをした。昨日の続きである。昔のポスターや小物、たくさん出てくる。少しはすっきりしたかな?

 

生徒さんがやってきて、黙々と教材に取り組む。さすがに勉強が嫌いな子も、年々集中できるようになってきた。このまま中学でも継続してほしい。塾でだけではなく、お家でもやればもっともっと伸びるのに。

 

やっぱり真面目な人は通知表がいい。提出物をしっかり出す。当たり前のことを当たり前にできる人。そんな子供に育てていきたい。幼児のころから、挨拶のできる、子供らしい子供になってほしい。

 

毎週水曜日に可愛い生徒さんがやってくる。私のとても楽しみな時間になっている。今週は何かしてみたいなあ。

断捨離

新しい春にむけて、いらないものをすっきり捨てようと思った。衣類から身の回りのものまで。

 

まだまだ使えるものや着れるもの、たくさんある。もったいない、という気持ちはもちろんあるが、今年使わないものは来年も使わない。思い切って捨てた。

 

普段から整理整頓をしたいと思っていても、物がありすぎて片付けようがない。

いざ使おうと思っても、どこにあるかわからない。

 

要らないものはもらわない、買ったら何か捨てる。少しずつ心がけていこう。三女の部屋も一緒に片付けた。本当にたくさんの不要物が出てきた。

 

親が親だから子供も子供。片付け下手だ。家庭科でミシンでエプロンを縫ったり、バックを縫ったりするが、今の時代、そんなことをするのは趣味の世界。買った方が早いし、安い。

 

料理などいろんな単元があるだろうが、家庭科では片付けが重要ではないかと考えてしまう。料理ができなくてもたくさんのお惣菜が売られているではないか。

 

ゴミ屋敷にならないように、親からお手本を見せれるように頑張りたい。

気分転換してきた!

やっぱり3月は嫌いだ。まだいろんなモヤモヤが残ってる。旦那さんのお誘いもあり、運動不足解消もあり、お散歩に出かけた。

 

天気はよかったが、外は風が冷たく、春は着るものにも困るからやっぱり苦手だ。花粉症の人はだいっきらいだろう。

 

車を少し走らせて約1時間歩いた。車ではなかなかゆっくり見れないところも見れる。f:id:yukiko-f:20170325231529j:image

川の香りを感じてきた。

 

桜のつぼみもふくらんでいる。今度は美しい桜の並木がみれる時にまた来てみたい。f:id:yukiko-f:20170325231841j:image

f:id:yukiko-f:20170325231919j:image

自然の美しさや川の流れが、癒してくれる。たまには自然を感じてみよう。今日は心も体もリフレッシュできてよかった。

永年表彰

たくさんの生徒さんに永年表彰を渡した。帰り際はとても慌ただしいので、渡し忘れた生徒もいたが。

f:id:yukiko-f:20170324231623j:image

f:id:yukiko-f:20170324231750j:image

 

7年の表彰が3人もいた。本当に長く通ってくれた。ありがたい。途中辞めたいと思ったことが何度もあったと思う。でも六年生までよく通ってくれた。

 

あとはこれからどう自分が頑張っていくか。何にもやらないと分からなくなるのは目に見える。なんとか頑張ってほしいものだ。

 

今日は朝からいろいろ忙しい1日だった。休む暇もなく気がついたら夜。こうやって1週間、1ヶ月、1年間が過ぎていく。歳をとるわけだ。

 

今日で学校も修了となり、明日から春休み。春は正直好きではない。何か忙しく、ストレスを感じてしまう。解消するものを探さなければいけない。

 

土日にリフレッシュしてみよう!

明日は修了式

1年間お疲れ様でした。娘達、そして学研教室の生徒さん達。

 

まずは休まずに学校へ行けた。学研教室へ休まずに来てくれた。本当に普通のことだが、難しいことである。当たり前のことが当たり前にできること。意外に難しい。

 

明日はあゆみ渡しもあるから、子供達もドキドキするだろう。たとえ悪くても、今度は頑張ろうという気持ちになれば嬉しい。良かったら今度も頑張ろうという気持ちになればもっとよくなるだろう。

 

今朝、以前通ってくれていた生徒さんのお母さんから、春の特別教室のお申し込みがあった。もちろん新規のお申し込みもうれしいが、辞めていかれた方がまた学研教室へ行こうという気持ちになるのがうれしい。

 

辞めた生徒さんのなかで、やっぱり学研がよかったね、って言っている生徒はいるか。知りたい。

 

今現在幼児、小学生は全員4月からも継続の予定である。一人も辞めることがないということは、本当にありがたいし、これからもしっかり指導してかなければ、と引き締まる思いだ。

 

本当にありがとうございます😊頑張ります。

人間の関係

今日はいろんな人がいるもんだなあ、とつくづく思った日だった。歳とともに人の中に出るのがとっても怖い。相手が軽く私に言った言葉が、一日中気になって落ち込んだり、自分が相手にした行動が変だったのではないかとずっと気になったりする。

 

子ども達が幼稚園に通っていた頃、私が話をすると必ず反論するママがいた。だんだんお迎えの時間をずらしたり、極力会わないようにしたりしていた。

 

都会のママ達はもっともっと辛い目にあってる。とは思っていても、その頃にしたら結構な悩み事の一つになっていた。

 

あれから15年ぐらいが経つが、そのママは今では地味に暮らしている。子ども達もとっても大人しく、静かだ。全く会わないし、共通なこともなくなった。

 

幼稚園時代はとっても苦痛だったことも今ではちっぽけな悩みだったなあと思う。あとで振り返ってみると、みんな何も言わなかったが、他のママ達も私と同じような気持ちだったことがわかったりする。

 

苦手な人というものは誰でもいると思うが、相手にも自分の気持ちが伝わってしまうような気がする。あなたが苦手だと。

 

触らぬ神にたたりなし

 

私が今まで、人間関係で悩んだ時につぶやく言葉。私は最近すぐに心が折れてしまう。寝たら忘れるかな?

 

明日、明後日で3学期、28年度が終わる。我が家の娘達も不登校にもならず、病気にもかからず、平和に終わりそうだ。感謝、感謝。家族が心も体も元気でよかった!

 

 

六年生が最後の追い込み

今月で退塾する六年生も含めて、とても頑張っている。最後の最後まで真面目に取り組んでいるのがうれしい。

 

早い生徒はもう準備学習が終わり、中学の教材に入った。学力テストを受けている生徒もいる。

 

入学してからまもなく、テストがある。私はそんなに心配していない。日頃から自学自習の習慣がついているから、特に勉強しなくても大丈夫。中間テストも何とかなりそう。

 

春休みに旅行でお休みする生徒がいるから、早めに始めてよかった。7年も通ってるくれた子をはじめ、5年もざらにいる。そんなに長く通える塾って多くない。

 

進学塾は短期間で結果を出すが、学研教室は進学塾ではない。言い訳や逃げではなくて、本当のことである。だから合格率を上げるために、進路を変更させたりしない。あくまでもお手伝い。

 

今年は本当に大変な入試になってしまった。大手の塾も個人の塾も●年連続全員合格とはいかなかったらしい。

 

今の六年生が高校入試を迎えるころはまた、高校が減っているかもしれない。どんな状況にも対応できるように、日頃からの学習習慣を大切にはばたいてほしい。

 

あと2回になった生徒も最後まで、一緒に頑張っていきましょう。