学研太郎丸・ラフォーレ教室 ゆっち‘s blog

砺波市と南砺市の学研教室の指導者古田です。日々の指導で感じたことを、個人的な見解で書いています。

ストレス

ストレスとはなんだろう?調べてみると、苦痛とか書いてある。私も多少のストレスはあるが、なるべくためないように努力している。

ストレス解消に何かに没頭したりということがないが、コーヒーを飲んだり、昼寝をしたりして忘れるようにしている。

私はもともと心配性で自らストレスを作っていたが、こんなことでは何にもプラスになることがないと思い始め、なるべくためないようにしている。

今日問い合わせのお電話をいただいた。孫の現状を心配したお電話だった。新聞の折り込みを見てのお問い合わせだったと思うが、チラシだけでは理解されていないようだった。

おばあちゃんとしては何かさせた方がいいのでは?と思っておられるが、孫にストレスがたまっては困るということで、迷っておられる。

お気軽に無料体験を受けてみるように誘ってみたのだが、どうかな?

ところでストレスって?今の世の中からストレスを無くすことはできない。学校へ行くのもストレス、持久走大会もストレス、言えばきりがない。

学研教室の生徒達も難しい問題になるとすぐにストレスがたまる、って言ってくる。ストレスって自分でストレスにするのではないだろうか?
やりたくないからストレスにしてしまうのではないだろうか?

社会にでると本当のストレスにぶち当たる。小さいころからストレスを作らない、ストレスをぶっ飛ばす、そんな強い心を作らなければならないのではないのか?

学研教室ごときでストレスがたまるなんて、言わないでほしい。考えるから疲れはするが、達成感や忍耐力もついてくる。勉強よりも強い気持ちを持てる子供になってほしい。

最近の大人も弱くなっているような気がする。会社をすぐに辞めたり、転々としたりしないような大人になってほしい。強い大人に!

今日もありがとうございます😊

もんちゃん鉛筆持ち方指導

今日の幼児タイムに全員で取り組んだ。自分の鉛筆の持ち方があっていると言い張るの幼児さんもいた。

もんパパ、もんママ、もん兄さんのシールを貼るのも楽しい。私には小さすぎるが、幼児さんの可愛い指にはぴったり合う。

ぐるぐる、紙に丸をかくのだが、回数を数えるのに一苦労。200回も書けなかった。


でもおかげで真っ黒になった。誰が一番かな?


幼児タイムの後、気になる持ち方の小学生にもシールを貼ってやったが、大きくなると難しい。気になってしょうがない。やはり直すなら小さいうちがいい。そう感じた。また懲りずに指導したい。

今日もありがとうございます。

進歩

なかなか通分ができなかった生徒が、少しずつできるようになってきた。とにかくやりたくない。

少しできるようになると、前ほど嫌がらずにやれるようになった。最小公倍数が早くでるようになった。分子の数を間違えないようになった。約分をしようと思うようになった。

たくさんの進歩がある。夏休みから始めて3ヶ月かかった。しばらくやらなかったらまた忘れるだろうけど、忘れた頃にまたやろう。

でも私は嬉しい。昨日は中学生の点数のことだったが、今日はそれに比べたらほんの少しだが同じくらい嬉しい。

コツコツやるのみ。近道はない。

明日は幼児タイムに鉛筆の持ち方指導をしよう。今日もひどい持ち方の生徒がいた。小学生にも指導しよう。

今日は朝からなんか元気が出ない。明日は少し明るい服装で元気をだしてみよう。

今日もありがとうございます😊

いろんな事あり

今日は一気に子供たちがやってきた。おまけにアシスタントさんも一人お休み。もう一人のアシスタントさんがよく頑張ってくださったし、子供たちも質問せずによく考えてくれた。

そんなよく考えてくれる先輩達の中間テストが返ってきた。私は国語、数学、英語しかやっていないから特に3教科の点数だが、二学期になっても点数があまり下がらない。安定している。

特に数学においてはほとんどが80点以上。よくみてみると小学生から学研に通っている生徒は全員である。やはりよく考えるのだろう。

一番心配していた生徒もなんとか数学の目標は達成できた。あともう何人かの結果待ちである。

今日はいろいろな事があった。持久走大会の練習もあり、皆さんお疲れ気味。でも文句も言わず黙々頑張る。

今日のミニ作文のお題は[秋]

いろいろな秋が書いてあった。ぜひ読んであげてほしい。夏休みの応募作文も未だ読んでいらっしゃらない保護者の方もいらっしゃるようだ。
ほめてあげることでやる気がでるので、是非お願いしたい。

今日もありがとうございます😊

今日はすっかり冬

今日教室にこの秋初めて暖房を入れた。寒さを我慢していると風邪をひいてしまう。

小学校ではそろそろチャレンジテストが始まるらしい。毎年同じような問題がでて、80点合格である。保護者とすれば、早く我が子を合格させたいものだ。何度も同じ問題をコピーして解かせる。

何度も練習すれば、計算の仕方も覚えてしまうはずだが、それでも合格できない子供もいる。そんなお子さんは是非学研教室にきてほしい。

気がつけばもう10月も中旬。重要な単元ばかりで、学校の授業をしっかりと聞いてほしい。

中学生のテストもちらほら返ってきて、点数が期末テストより下がってきた。目標点は達成しているかもしれないが、中学生ももちろん難しくなってきた。

ついていけない中学生はどうしてあげればいいだろう。わからない授業は苦痛だろうし、少しでもわかる問題を作ってあげたい。

わからないばかりでは気持ちはいつも冬。今日のような天気。どんより冷たい。私の悩みは尽きないが、とにかく目標点をクリアしたい。

明日も寒くなるだろうか?秋をもう少し味わいたい。

今日もありがとうございます。

何かのご縁

仕事のパートナーが新しくなった。パソコンだ。この間から調子が悪く、何をするのにもすごく時間がかかっていた。どうにかしなければと思っていたが、先立つものもなく、困っていた。

指導者の大先輩の息子さんがパソコンの会社を立ち上げられたのを思い出し、お願いしてみることにした。
早速今日新しいパソコンが届いた。

私のような初心者にも優しく丁寧に教えてくださり、とても助かった。格安のお値段で譲っていただき、ダブルで助かった。そして今後の私達の携帯電話のプランにも相談に乗っていただき、またまた助かった。

やはりお母様が優しいから、お子さんも優しい。子供は親のコピーである。また何かあればお願いしたいと思うし、またご紹介したいと思う。


S先生、ありがとうございました。

今日もありがとうございます😊

アクティブラーニング

午後から娘の高校でPTA主催の講演会があった。講師の先生は高校のOBで現在は国立大学の准教授。年齢は30代だが、いろいろなことを私達保護者に教えてくださった。

現在、高校と大学を繋ぐような講演を教員や学生を対象におこなったり、支援をしておられる。

変わりゆく2020年の学習指導要領が新聞でも話題になっているが、保護者はまだまだ危機感を持っていないと私は思っている。これからの高校では、自ら自分の学びたいことを学んだり、受け身の授業ではない自主的に取り組む態度が必要である、ということを学んだ。

これからはセンター試験では評価できない、表現力、思考力、判断力を新しい大学入試試験で評価されることになる。そんな力は急にはつけられない。やはり、小学生のような小さい頃から少しずつつけていかなければならない。

これからは大学に入ってからも、卒業することが難しくなるようだ。大学でも記述の試験があるからだ。教育がやはり変わっている。暗記、詰め込みだけではダメな時代に突入している。

これからの教育は、私達指導者が目指している教育とぴったり合う。今日の講演会に参加して、ますます学研教室の大切さを学んできた。

今日はお天気が良く、ウォーキングも兼ねて自宅から高校まで歩いた。車ではなかなか見れないコスモス畑を楽しむことができた。


満開までもう少し!

今日もありがとうございます😊