学研太郎丸・ラフォーレ教室 ゆっち‘s blog

砺波市と南砺市の学研教室の指導者古田です。日々の指導で感じたことを、個人的な見解で書いています。

スタッフミーティング

久しぶりに採点スタッフとお昼を食べながらミーティングをした。忙しさにかまけて、なかなかできなかった。

日頃私が気が付かないような、細かい子供達のこと、よく見ておられる。感謝したい。

春になったら、子供たちのために、いろいろと取り組んでいきたい。満足度アップのため、変えていけるところは変えていこう。

どのスタッフも子供達のことをよく考えてくれる。とっても助かっている。

今日のお弁当もおいしかった。
これも感謝。なかなか思いつかなかった。いいスタッフに巡り合ってなんて幸せなのだろう。

これからもよろしくお願いします。

今日もありがとうございます😊

英語を好きになろう

中3生で英語の得意な生徒が少ない。中1から学び直している生徒は少しずつわかるようになってきた。でももはやここまで。時間が足りない。

新入会の中3生も英語が苦手。もう少し早く気がつくともっともっと楽だったと思う。そんな中学生もきっと多いだろう。

まずは英語を好きになってほしい、もう遅いかもしれないが。小学生たちにはそう思う。

明日は最終模試。来週は私立入試。いよいよ始まる高校入試。体調を整えて臨んでほしい。

今日もありがとうございます😊

嬉しい日になりました

今日も寒〜い雪の日になった。暖房をつけてもなかなか部屋が暖まらない。そんな中でも休まずに来てくれた。

今日は中学校の学校説明会だったらしい。あと一ヶ月半で、卒業を迎える。やはり3学期は早い。中3の受験生のことばかり考えていると、6年生も卒業だった。今年は少し少ない。

今日嬉しかったことは、みんなが楽しく取り組んでいたこと。幼児さんも、小学生も、やる気を出して取り組んでいた。

なかなか成績にアップにつながらないと言われることがある。そこでチェックして欲しい。

やる気はあるか?宿題はしっかりやってあるか?ほとんどの子供達はこれで伸びてくるはず。これを続けているのといないのでは、全く違う。

やる気を出すためにはお家の方の言葉が1番効く。面談でもほめてあげてほしいとお願いしてみようと思う。

明日も雪模様。寒い日が続く。風邪をひいてから一週間。まだスッキリしない。

明日も朝から頑張ります。

今日もありがとうございます😊

感謝の気持ちを大切に

今日の幼児タイムは、雪のせいもあって、一人一人の個別指導になってしまった。私にとってはとってもラッキーなことで、チャレンジさせたいことがあった。

だんだんしっかりしてきた年長さん。4月からも継続してくれることが決まった。校区外の遠い所から通ってくださる、感謝しかない。

最近運気が悪いのは、周囲への感謝が足りなかったからかもしれない。たくさんある塾の中から通ってもらっていることに改めて感謝しなければならない。

今日チャレンジをさせたかったことは、数字を続けて書いてみること。
一年生でも大きな数を習う。120ぐらいまでは書けるようになりたい。
今日は50まで。

初めは少し不安になっていたが、出来上がると達成感にあふれていた。
今度は60まで書いてみよう。

今日も雪の中送迎していただき感謝いたします。

今日もありがとうございます😊

今日はイレギュラー

休校の今日は、少し早目に教室を開いて来れる生徒は早目に来てもらった。水曜日ということもあって、仕事が早く終わった保護者の方もいらっしゃって、中学生が早く来れたりいつもとは違う。

いつも合わない生徒同士が顔を合わせたり、会うはずの生徒が合わなかったりして面白い。それがなかなかいい感じになった。

嬉しいこともあった。一年生の計算でつまずいていた生徒が、うまく計算できるようになってきた。今まではどこからこの数字が出るんだろうと思ったり、こちらが教えてもなかなか理解できなかったのだが、すぐに理解できる。それが嬉しくて。

努力あるのみ、だと思った。努力もしないで、できないと嘆くのは違う。1番効果があるのは、お家の方の励ましだ。やはり、親には敵わない。何事も親次第なのかもしれない。

それにしても今日は寒い一日だった。明日もツルツルの日になりそうで恐怖だ。

今日もありがとうございます😊

大雪の中ありがとうございました

天気予報通り、大雪になった。水曜日の小中学校が前もって休校になったり、対応が素早い。

オンライン対応の学校もあるそうだが、学校でも話を聞いていない子どもが家で聞けるのか?それで果たして授業を理解しているのだろうか?とても不安になる。

最近学校で習ったはずの単元がわからない子供が多いような気がする。初めて習ったような雰囲気がある。困ったものだ。思い出す程度ならまだしも、全く覚えていない。

そんなことに落ち込む日が続いているのだが、今日の面談で嬉しいお話を聞かせてもらった。学研教室に通う意味、目的。成績ばかりではなく、見えない力。

つまずいてからはなかなか見えてこない力かもしれない。親はついついテストの点数や通知表で評価してしまう。私たちのことも、子どものことも。

お子さんによってはすぐに成果が出るお子さんもいるし、そうでないお子さんもいる。そのためにはお家でのお家の方の温かいお言葉、しっかりと取り組む宿題、やる気などが必要だ。それがないとなかなか難しい。

そんなことを理解してくださる保護者の方もいらっしゃる、そう自分に言い聞かせている。

午前中はさっぱりだった今日が無事に終わった。明日はどんな日になるのかな。雪が心配だ。

今日もありがとうございます😊

お休みが多い

風邪から復活した私。それなのに生徒たちのお休みが多い。熱やらコロナやらいろいろだ。この季節は何かと流行っていて困る。中3生も私立入試まであと10日。いろいろ始まるところまで来た。

いろいろ考えてみる。本当に行きたい高校にいきたいのか?高校生になりたいのか?親に言われてまで高校へ行かなければいけないのか?

週2回の学研教室。あとの5日間、何もせずにいる、または、言われてやっと勉強する、私立高校でもいいのではないか?って。

昔、ある保護者の方から相談があった時もお断りしたことがある。初めから私立へ行かれたらどうか、と。県立にこだわる必要もない、勉強が嫌なら、それなりに何とかなる。専願でもいいのではないか。

勉強と聞いて体調が悪くなるくらいなら、そうすればいいと思う。あとの3年間がもったいない。

試験当日に休むってこういうことなのかもしれない。今まで考えたことのないことだった。

明日もいろいろと忙しくなりそうだ。頭がもーもーになってきている。

今日は無事に終えることができてホッとしている。

今日もありがとうございます😊