学研太郎丸・ラフォーレ教室 ゆっち‘s blog

砺波市と南砺市の学研教室の指導者古田です。日々の指導で感じたことを、個人的な見解で書いています。

全員集中

冬休みもはじまり、ほとんどの子供たちがオープンと同時にやってきた。本当に黙々とやる。質問せず、考える。理想的な子供たち。

 

お迎えまでに時間がある時は、学校の宿題をしている。お母さんかを準備したドリルを持ってきている。素晴らしい!

 

低学年、中学年となかなか集中できなかった子も、ようやく集中できるようになった。でも、まだまだ。学校ではついていっていない様子。でも、学研教室の良いところは、学年に関係なく積み上げていくことができること。学校では、みんなと一緒に理解できなくても、少し遅れてじっくり学ぶことができる。

 

まずは小学校の学習をしっかり理解する。全部は難しいが、最低限。中学では苦労するだろうが、やらないよりは全然いい。勉強はイマイチでも、社会で活躍する子もいる。そんな人になってほしい。逆に勉強はできても、人としてちょっと、という人もいる。こんな人が医者?みてもらいたくないなあ。

やっぱり最後は人間性。気をつけよう。

 

仲良くしているお友達にガトーショコラを1ホールいただいた。うちのみんな大好きですぐになくなった。美味しくて美味しくて、ぺろっと食べてしまった。f:id:yukiko-f:20161227000912j:image

感謝です。明日も元気出して頑張るぞ!