学研太郎丸・ラフォーレ教室 ゆっち‘s blog

砺波市と南砺市の学研教室の指導者古田です。日々の指導で感じたことを、個人的な見解で書いています。

いろいろあったなあ

金曜日、いろいろなことがありました。まあ、そんなものです。いつもが平和なだけだから。

と言っても大したことはない。幼児さんがらみのこと。負けず嫌いなのか、ご機嫌斜め。結構プンプンに怒ってた。そんな気持ちがだんだん薄れてくるんです。成長している証拠です。

それにしても幼児さんのお問い合わせが増えている。有難い一方で、危機感を持っている。学校の担任の先生のご苦労が想像できる。

昔と違って、一から教えてやらないとわからない。上着の掛け方、カバンへの入れ方、机の上の使い方、消しゴムの消し方、などなど。

私の教室では、そんなところからスタートする。一年生も同様。部屋に入るときのマナー、言葉遣い、なってない。

幼児会員はきっと学校では優等生になるはずだ。そして、幼児から通っている中学生がとうとう学年1位になった。

勉強ができるだけでなく、人間としても学研教室で成長してほしい。決して、勉強ができない人の塾ではないです。

今日はいろいろありすぎて、お疲れモード。明日も調整教室日でお仕事です。ゆっくり休みます。

今日もありがとうございます😊