学研太郎丸・ラフォーレ教室 ゆっち‘s blog

砺波市と南砺市の学研教室の指導者古田です。日々の指導で感じたことを、個人的な見解で書いています。

学校のテストで

中学年は漢字、算数でつまずく生徒がいっぺんに増える。ある生徒は漢字がだんだん苦手になってきたようで、空欄が目立つようになってきた。ある生徒は、学校での算数がわからず、お母さんも困っておられる。

もし、全てを家庭で何とかしようとすると大変なことだ。

どうしてわからないの?

が始まり、親子の関係もギクシャクするだろう。そんな時はやはり他人にお任せするに限る。

学研教室ならば、辞書も使うし、学校の学習は全て教材がある。そんな時はぜひ頼ってほしい。

学校のテストで1回いい点を取ったとしても、きっと忘れる。理解したとは言えない。そんな時はまた学研教室で復習できる。

今日は午前中に金沢で北陸の先生方との勉強会へ行ってきた。そこでますます学研教室の素晴らしさや学研教室でしかできない学びを確認してきた。

1人でも多くの子供たちに学研教室で学んでほしいと思う。

今日もありがとうございます😊