学研太郎丸・ラフォーレ教室 ゆっち‘s blog

砺波市と南砺市の学研教室の指導者古田です。日々の指導で感じたことを、個人的な見解で書いています。

follow me

学習発表会が近いせいか学校でお残しがあるせいか、入室するのが遅い。それプラス高学年が難しい単元を学習しているので、今日は私の周りにいっぱいの生徒が集まった。

中にはギブアップしそうな生徒もいるが、本当によく頑張る生徒が多い。特にほめてあげたいのは宿題をする習慣があること。
毎回しない生徒は数えるほどだ。

宿題をするということは反復練習ができている。だから2倍学習できるのに、それができないとなると残念だ。保護者がただやれ!といってもやりたくないだろう。本人がやらなければという気持ちがある、保護者の方も声がけや環境を作ってくださっている。ありがたいことだ。

今日やっと全員の作文を保護者の方に渡った。昨日もお礼のメールをいただいたが、今日も届いた。中学生の保護者の方からだ。

最初の一言、

感動しました!

ほとんど私の指導は入ってない意見文。真央ちゃん基金の新聞記事に対する意見文。私もよくできた作文だと思っていた。最後にお母さんへの感謝の言葉が書かれている。なんて優しい男子なんだろう。きっと涙、涙だったはず。

作文コンテストに参加してよかった!今日のミニ作文では、今頑張っていることのお題で、学研です。と書いてくれた生徒がいた。これも嬉しかったなあ。

こんな単純な指導者ですが、ついてきてくださいね。今日もありがとうございます。