学研太郎丸・ラフォーレ教室 ゆっち‘s blog

砺波市と南砺市の学研教室の指導者古田です。日々の指導で感じたことを、個人的な見解で書いています。

続々と期末テストが

予想通りの結果だった。コツコツ頑張っている生徒は、80点を超える生徒が多い。超えなくても限界近くまで点数がとれている。

点数の悪い生徒の特徴としては、学校のワークが終わらないまたは、写しただけ。真面目にやれば、ある程度は点数がとれるのに。

でもこんな基本的なことは、小学生の時に身につけておくべきこと。提出日には必ず出す、社会人ならなおさら当たり前のことである。

そして次に質問しない。何のために塾に来てるのか?先日、来ている意味ないんじゃない?って言ってしまった。わからないまま期末テストを受けるのでは点数がいいわけない。
点数を良くしたいという気持ちがない。

他にもいろんな要因があるだろう。努力は嘘をつかない、と先日マラソンの解説者が言っていた。まさにその通りだと思う。

今日はバタバタの一日だった。反省‼︎ 明日は少し余裕ある教室になるかな?

今日もありがとうございます😊